So-net無料ブログ作成
検索選択

<続報>武装勢力が中国漁船を襲撃=人質7人の身代金に1万5000ドル要求―カメルーン

写真拡大2010年3月15日、AFP通信は、カメルーンで中国人船員7人を誘拐した海賊が身代金1万5000ドル(約136万円)を要求していると報じた。中国サイドはこの金額に合意したという。資料図。 2010年3月15日、AFP通信は、カメルーンで中国人船員7人を誘拐した海賊が身代金1万5000ドル(約136万円)を要求していると報じた。中国サイドはこの金額に合意したという。京華時報が伝えた。12日未明(現地時間)、カメルーン・バカシ半島付近で操業中の大連北海漁業公司所属の漁船2隻が正体不明の武装勢力に襲撃された。船員7人が人質にされたほか、船内の貴重品も略奪された。【その他の写真】在カメルーン中国大使館によると、すでに誘拐された中国人船員と連絡がとれており、安全が確認されたという。武装集団とは身代金の金額をめぐって交渉が続けられている。ある関係者によると、武装勢力は身代金として1万5000ドルを要求した。中国サイドはこの金額に合意したが、カメルーン政府の同意がまだ得られていないという。(翻訳・編集/KT)【関連記事】・武装集団が中国の漁船を襲撃=7人を誘拐し身代金を要求―カメルーン・<ソマリア海賊>新年早々2隻が乗っ取り被害に=海賊の活動が活発化―香港メディア・今年全世界で発生した海賊被害は324件、昨年から激増―国際海事局・<ソマリア海賊>各国の相互信頼と情報共有が不可欠、中国は単独任務を提案―香港英字紙・南シナ海での海賊事件が急増=根絶には長期的対策が不可欠―シンガポール報告書

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。